いっぽいっぽの挑戦2016

2015年11月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2016年01月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2015年12月
ARCHIVE ≫ 2015年12月
      

≪ 前月 |  2015年12月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

非常勤職員(障害者グループホーム世話人)の募集!

一般社団法人自立生活サポートセンターいっぽいっぽ
非常勤職員(障害者グループホーム世話人)募集

当法人は、2009年8月に設立された独立型社会福祉士事務所の活動を礎に2011年12月にNPO法人化を果たし、以来、生活困窮者の生活相談、生活支援を中心に活動を続けてまいりました。
 2014年11月に障害者グループホームを開設し、2015年9月より一般社団法人自立生活サポートセンターいっぽいっぽとして現在に至っております。
 
職  種:障害者グループホームの世話人

勤務場所:那覇市内(国場、長田)

仕事内容:入居者の話し相手、生活支援業務(知的障害、身体障害、精神障害等を有する方を対象としています。)
簡単な調理等できる方歓迎(入居者と一緒にお食事会をすることがあります。)

待  遇:週3日程度 原則17:00 ~21:00で2~3時間程度 相談可
     時給750円~1,000円
     福祉系資格有資格者・福祉現場経験者優遇
(介護職員初任者研修修了(ホームヘルパー2級含む)以上、800円~)

勤務開始時期:2015年12月下旬~ 相談可

応募資格:資格は不問ですが、福祉系資格の有資格者、経験者の方を優遇いたします。
     性別・年齢は不問です。学生可(福祉系学生歓迎)。土、日できる方歓迎。

選考方法:書類(履歴書)、面接にて選考いたします。

※必要に応じ、研修を行います。

一般社団法人自立生活サポートセンターいっぽいっぽ
那覇市長田2丁目30番5号2階 あゆみ荘

(問い合わせ先・連絡先)
担当:代表理事 高木 博史 携帯 090-1763-1558
(留守番電話の場合もありますが連絡先を教えていただければ折り返します。)

※ご希望の方は、まず、お電話頂き、履歴書を送付(持参)してください。
スポンサーサイト
職員募集 | Comments(0) | Trackbacks(-)

いっぽいっぽの綱領を制定いたしました!


一般社団法人自立生活サポートセンターいっぽいっぽ綱領

                           いっぽいっぽ綱領制定委員会
                                2015年12月1日

1.沖縄の現状といっぽいっぽの沿革

 第2次世界大戦において、わが国唯一の地上戦が行われた沖縄は現在でも戦争の爪痕が癒えていない現実が存在します。関連施設を含む米軍基地の7割以上が集中し、基地依存の産業構造の疲弊により失業や貧困が深刻な社会問題化しています。
 
 また、生活空間の上を米軍機が飛び交う基地と隣り合わせの生活や未だ大量に埋没する不発弾の存在は、平和のもとに生きる権利を日常的に脅かしています。

 地域社会に目を向けると都市化と再開発による近隣関係の希薄化や低い県民所得、全国で最も高い離婚率など自らの生活を維持していくために精一杯の状況を示唆しており、沖縄文化の象徴ともいえる親族や近隣住民の助け合いである相互扶助機能ともいうべき「ゆいまーる」は、もはや従来の機能を十分に果たさなくなってきています。

 一般社団法人自立生活サポートセンターいっぽいっぽは、こうした沖縄の現状の中で、2009年8月1日に那覇市内に沖縄県で初めて地域に事務所を構えた社会福祉士事務所いっぽいっぽを前身としています。当時、寄せられた相談の多くが生活困窮に関する問題であり、かつその他の様々な生活課題を重複して抱えている方が多く、「法のはざま」のある人々の実態をつぶさに見てくることになりました。

 2011年12月には、特定非営利活動法人いっぽいっぽの会を設立し、生活課題を抱えた当事者によりそい、地域に根ざすNPOとして主に生活困窮者の相談支援・生活支援中心とする活動を展開してきました。

 2014年11月には、生活困窮の要因と生活課題との関係を生活に支障をきたす「生活障害」という枠組みでとらえ、日常的に生活支援を必要とする人々の受け皿となるべく障害者総合支援法に基づく共同生活援助事業所を開設しました。一方で、運営上の理由から組織形態の改編を迫られることになり、2015年6月に一般社団法人自立生活サポートセンターいっぽいっぽを設立し、特定非営利活動法人いっぽいっぽの会の理念と事業を事実上引き継ぐ形で現在に至っています。

2.いっぽいっぽのめざすもの

一.日本国憲法の理念に基づき、健康で文化的に生きる権利の実現をめざします。
一、人生の歴史によりそい、社会との関係の中で構造的に生活課題をとらえます。
一.当事者主体の原則に基づき、自己選択・自己決定を尊重し、共同のとりくみによって自
立した地域生活をめざします。
一.社会的孤立を防ぎ、地域とともに差別や偏見のない社会の実現をめざします。
一.社会保障における公的保障の充実に向けて、民間支援団体の役割を自覚した活動を展
開します。
一.「いのち」「くらし」「平和」を守るために、あらゆる戦争及び戦争への道を拒否します。
 
 以上の目的を達成するために、市民協働と関係諸機関・組織との幅広い連携・連帯を進めていきます。
その他 | Comments(0) | Trackbacks(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。