いっぽいっぽの挑戦2016

2015年04月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2015年06月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2015年05月
ARCHIVE ≫ 2015年05月
      

≪ 前月 |  2015年05月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

NPO法人ほっとポットのグループホームを視察!

ghhotopot1.jpg ghhotopot3.jpg

ghhotopot2.jpg ghhotpot4.jpg

共同代表の高木博史が埼玉県の生活困窮者支援団体NPO法人ほっとポットの障害者グループホームを視察しました。

いっぽいっぽの会でも昨年の11月に開設しましたが、すでに数年の運営経験のあるほっとポットのグループホームは非常に参考になりました。

とくに運営体制に関するヒアリングや実際の居室等の見学、入居者の方との会話もさせていただき、当法人の今後の運営に活かせるもの多くありました。

一方で、グループホームが抱えている課題などに関する意見交換などもさせていただきたいへん充実した視察となりました。

NPO法人ほっとポットさんのご協力に感謝いたします。
スポンサーサイト

あゆみ荘のヘチマ

150513_0812~001

ゴーヤーと思っていたら「ヘチマ」でしたので訂正します。

4月から運用を開始した「あゆみ荘」ですが、昨年の部屋にかかっていた枝を「大伐採」したおかげで、見通しがずいぶん良くなっていましたが、反対に良すぎる感じもあり、ゴーヤーを植えてちょっとした目隠しを作ろうと考えていました。

ヘチマは、好き嫌いは分かれるところだとは思いますが、もちろん沖縄を代表する食材の一つでもあります。(本土ではヘチマ水ぐらいでほとんど食べないですね。)

このほど、それほど大きくはありませんが、実をつけています。

こうしたちょっとした工夫が、生活にささやかな楽しみを演出してくれます。

常勤職員(正社員)募集!

2015年 特定非営利活動法人いっぽいっぽの会
常勤職員(正社員・障害者グループホーム世話人)募集

当法人は、2009年8月に設立された独立型社会福祉士事務所の活動を礎に2011年12月にNPO法人化を果たし、以来、生活困窮者の生活相談、生活支援を中心に活動を続けてまいりました。3年間実施してきたホームレス等貧困・困窮者の「絆」再生事業では、数百件の相談を受けてきました。
 こうした活動の中から、生活困窮を抱えている方の中には、何らかの障害を持ちながら法的あるいは医学的に「障害者福祉」の枠に入らず、「制度のはざま」に置かれてきた人も少なくありません。
いっぽいっぽの会では、こうした人々の受け皿となるために2014年11月より障害者グループホームを開設いたしました。現在、那覇市の国場地区と長田地区で2つのホームを運営しています。
貧困問題の解決に関心を持ち、障害者グループホーム(3障害)の支援業務をになっていただける常勤職員の方を募集します。

ホームページURL
http://ippoippo.sakura.ne.jp

職  種:障害者グループホーム世話人(常勤・正社員)

仕事内容:入居者の日常生活の支援、法人事務等

待  遇:140,000円~165,000円
社会保険(健康保険・厚生年金・労災・雇用保険)
交通費月額5,000円(那覇市・近郊の場合、上限10,000円)

休  日:原則週休2日(ただし、変則勤務あり)
     
応募資格: 年齢・性別不問
      介護福祉士、介護職員初任者研修(訪問介護員2級)修了者
      社会福祉主事等で通算実務経験5年以上が望ましい。(資格や実務経験については相談に応じます)
(実務要件を満たす方は法人入社後、サービス管理責任者研修を受けていただきます)

選考方法:書類(履歴書)、面接にて選考いたします。
面接時に簡単な作文を課す場合があります。

書類送付先及び連絡先)

特定非営利活動法人いっぽいっぽの会
〒902-0075 那覇市字国場955-3 共同生活援助事業所いっぽいっぽ
TEL 共同代表(髙木)090-1763-1558まで
E-mail postmaster@ippoippo.sakura.ne.jp
(留守番電話の場合もありますが連絡先を教えていただければ折り返します。)
※ご希望の方は、まず、お電話を頂き履歴書を送付(持参・郵送可)してください。

日曜日の非常勤職員(グループホーム世話人)募集!

2015年 特定非営利活動法人いっぽいっぽの会
非常勤職員(障害者グループホーム世話人)募集

当法人は、2009年8月に設立された独立型社会福祉士事務所の活動を礎に2011年12月にNPO法人化を果たし、以来、生活困窮者の生活相談、生活支援を中心に活動を続けてまいりました。3年間実施してきたホームレス等貧困・困窮者の「絆」再生事業では、数百件の相談を受けてきました。
 こうした活動の中から、生活困窮を抱えている方の中には、何らかの障害を持ちながら法的あるいは医学的に「障害者福祉」の枠に入らず、「制度のはざま」に置かれてきた人も少なくありません。
いっぽいっぽの会では、こうした人々の受け皿となるために2014年11月より障害者グループホームを開設いたしました。
 貧困問題の解決に関心を持ち、障害者グループホーム(3障害)の支援業務をになっていただける非常勤職員の方を募集します。

ホームページURL
http://ippoippo.sakura.ne.jp

職  種:障害者グループホーム世話人(非常勤)

仕事内容:日曜日の入居者の日常生活の支援等

待  遇:時給750円(交通費込)時間は相談に応ず。 日曜日 月4~5回程度の勤務 
     
応募資格: 年齢・性別不問
       学生可(福祉系学生・ボランティア経験者歓迎)
       介護福祉士、介護職員初任者研修(ホームヘルパー)修了者等
       福祉系資格保持者歓迎

選考方法:書類(履歴書)、面接にて選考いたします。

書類送付先及び連絡先)

特定非営利活動法人いっぽいっぽの会
〒902-0075 那覇市字国場955-3 共同生活援助事業所いっぽいっぽ
TEL 担当(高木) 098-914-4060 または 090-1763-1558
E-mail postmaster@ippoippo.sakura.ne.jp
(留守番電話の場合もありますが連絡先を教えていただければ折り返します。)

※ご希望の方は、まず、お電話を頂き履歴書を送付(持参・郵送可)してください。

あゆみ荘の改修進む!

ayumibefore.jpg ayumi_20150502130923f8f.jpg

先日、「ふくぎ荘」に続く2棟目の障害者グループホームとして運用を開始した「あゆみ荘」ですが、定員3名(3部屋)を予定していたのですが、そのうちの1部屋の居室面積が間取り図上は問題なかったのですが役所の実地調査でわずかに足りないことが判明し、3部屋での運用をする場合は改修をしなければならないことになりました。

しかし、当法人も財政的には非常に厳しい状況であり改修費用をどのように捻出するか困っていたのですが、知人のAさんが、ほぼボランティアで行ってくれることになりました。

Aさんは建設業に携わっていた経験があり、ちょっとした改修ならお手のものです。足りない面積は本当にわずかな部分なので押入れの部分の若干の改修で行けるのではないかということになりました。しかし、押入れを全部撤去すると収納場所がなくなってしまうので一部を棚として利用できるように改修をお願いしました。

予想以上に手のかかる作業だったようですが、きれいに出来上がりました。

今後、再び実地調査があるかと思いますが、クリアできるのではないかと考えています。Aさん本当にありがとうございました!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。