いっぽいっぽの挑戦2016

2014年04月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2014年06月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2014年05月
ARCHIVE ≫ 2014年05月
      

≪ 前月 |  2014年05月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

2014年度ホームレス等貧困・困窮者の「絆」再生事業の受託決定!

5月も下旬になりましたが、沖縄県より2014年度のホームレス等貧困・困窮者の「絆」再生事業(社会的包摂・「絆」再生事業)の補助金助成の交付決定通知がありました。

いっぽいっぽの会がこの事業を受託して今年度は3年目を迎えます。毎年、約150件ほどの相談を受けてきておりますが、生活困窮でありながら生活保護をはじめとして従来の制度のつながらない/つながれない、いわゆる「法のはざま」にある方々のニーズは高く、また、最近では地域生活定着支援センターなどから紹介されてくるケースも多くなりました。

一方で、本事業の予算は今年度も縮小され、すでに来年度は本事業の継続可能性が少ないという情報もあり、今後は生活困窮者自立支援法の下で支援に移行していくものと思われますが、就労へのとりくみを大きな柱としている同法の趣旨を考えれば、ややニーズが違うところにあるのではないかという懸念もあり、いっぽいっぽの会としても今後の動向を注視しながらスタートになります。

法人としても3年目を迎える今年度は、この「絆」再生事業で明らかになったのニーズをどのように新規事業の展開などで継続的に対応していけるかどうかという正念場を迎えています。

今後も、ますます会員や市民の皆様のご協力が必要になってくるかと思われますのでどうぞよろしくお願い致します。入会随時受付中です!ホームページよりメールでお問い合わせください。
スポンサーサイト

沖縄国際大学でゲストスピーカーとして話しました!

okikoku.jpg

昨日、共同代表の高木博史が沖縄国際大学福祉・ボランティア支援室にてゲストスピーカーとしての機会を頂き、社会福祉士の専門性や現状についての話やいっぽいっぽの会の紹介などをさせて頂きました。

対象の学生さんは5名とこじんまりとした感じでしたが、皆、熱心に耳を傾けてくれました。

「社会福祉士の専門性は?」と問われると、なかなかはっきりとは答えられない部分があります。しかし、それは、人間の「生活」をどうとらえるのかということであり、社会福祉士はこの「生活」に寄り添うことから始めなければなりません。

そうした話を実践を交えながらプチ「ゼミナール形式」で約1時間ほど話させていただきました。

また、今回の目的のひとつにいっぽいっぽの会に今後、ボランティアやスタッフとして関わってほしいというお誘いもありました。生活保護法の改正や生活困窮者自立支援法の施行などによって、生活困窮者支援をめぐる環境はますます厳しさを増してくると思われますが、そうした状況に共に立ち向かってくれる仲間づくりのきっかけとしても、このようにお話させて頂けたことは有意義だったと思います。

話の後にちょっとした感想を書いて頂きましたが、地理的には、沖縄国際大学といっぽいっぽの会はずいぶん離れているのですが、ボランティアや見学の希望もあり嬉しく思いました。

いっぽいっぽの会も新規事業に向けての準備を行っており、法人としても転換期を迎えておりますが、ますます市民や学生の皆さんとの協働の場が広がっていければと考えております。

沖縄国際大学の皆さん、どうもありがとうございました!

非常勤職員募集!

特定非営利活動法人いっぽいっぽの会
社会的包摂・「絆」再生事業非常勤職員(生活支援員)募集

当法人は、2009年8月に設立された独立型社会福祉士事務所の活動を礎に2011年12月にNPO法人化を果たし、以来、生活困窮者の生活相談、生活支援を中心に活動を続けてまいりました。
 2012年度より受託した社会的包摂・「絆」再生事業(ホームレス等貧困・困窮者の「絆」再生事業)では、年間約150件の相談を受け、いわゆる「法のはざま」にある方々の支援を中心に行ってまいりました。活動の中で新しいニーズも生まれつつあり、法人の活動も新たな展開を迎えております。
 こうした局面の中で、社会的包摂・「絆」再生事業非常勤(パート)職員として共に働いて頂ける方を募集しています。

職  種:生活支援員(非常勤ヘルパー)

仕事内容:2014年度社会的包摂・「絆」再生事業非常勤(パート)職員として主に生活困窮者の支援(障害者(三障害)の方含む)電話相談、家庭訪問、各種機関との連絡調整などの相談支援、生活支援業務

待  遇:時給780円×6時間/1日 月間20日程度勤務 社会保険有り
     ※業務の性格上、若干の不規則勤務が生じる場合もございますが、その際は調整させて頂きます。

応募資格:社会福祉士、精神保健福祉士、介護福祉士、訪問介護員(ホームヘルパー)2級以上(介護職員初任者研修修了者含む)などの福祉系資格のいずれかをお持ちの方、または、社会福祉主事任用資格を所持している方で、貧困問題の解決及び生活困窮者の生活支援に関心のある方(年齢、性別不問)

選考方法:書類(履歴書)、面接にて選考いたします。

※必要に応じ、研修を行うことがあります。また、「絆」再生事業は単年度の事業ですが、
当法人では障害者グループホームの開設を準備しており、事業終了後も障害者グループホ
ーム等の関連業務に関心があり、当法人で長く働く意欲のある方を歓迎します。

書類送付先及び連絡先)

特定非営利活動法人いっぽいっぽの会(社会的包摂・「絆」再生事業部)
〒902-0062 那覇市松川2-16-1 シオンハウス2F
TEL 098-884-2100もしくは、共同代表(髙木)090-1763-1558まで
(留守番電話の場合もありますが連絡先をお教え手いただければ折り返します。)

※ご希望の方は、まず、お電話頂き履歴書を送付(持参)してください。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。