いっぽいっぽの挑戦2016

2012年01月 ≪  1234567891011121314151617181920212223242526272829 ≫ 2012年03月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2012年02月
ARCHIVE ≫ 2012年02月
      

≪ 前月 |  2012年02月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

朝日健二さん講演会開催!

asahikenji.jpg

2月18日(土)14:00より沖縄大学2-213教室にて、特定非営利活動法人いっぽいっぽの会の設立を記念して共同代表の高木のからの挨拶の後、朝日訴訟承継人の朝日健二さんの講演が行われました。

約40名が集まり、「健康で文化的な生活を営む権利」=生存権とは何か、そして、わが国の社会保障裁判の原点ともいえる朝日訴訟が現代に問いかけるものは何かといった観点からご講演を頂くことができました。

質疑応答の時間を比較的長めにとっていたこともあり、フロアからの質問も活発に行われました。

講演会の様子は翌日(19日付)の沖縄タイムスにも報道されております。
http://www.okinawatimes.co.jp/article/2012-02-19_30034/

活動を開始して現在まで生活困窮者支援を中心としてきただけに、朝日健二さんをお招きできたことに感慨無量の思いでした。

今後も、いっぽいっぽ進んでいきたいと思いますのでどうぞよろしくお願いいたします。
スポンサーサイト

琉球新報に朝日健二さん講演会のご案内が掲載!

asahisoshou.jpg
本日付の琉球新報に「朝日訴訟、朝日健二氏招く」の見出しで2月18日(土)開催の設立記念講演会のご案内が掲載されています。

ここで改めて日程等をお知らせさせていただきます。

日    時 : 2012年2月18日(土) 14:00~16:30
場    所 : 沖縄大学 2-213教室
参 加 費 : 無 料
講   師 : 朝日 健二 氏(朝日訴訟承継人・NPO法人朝日訴訟の会理事)
テ ー マ : 「朝日訴訟と現代における生存権のあり方」
主   催 : 特定非営利活動法人いっぽいっぽの会

※朝日訴訟とは?
朝日訴訟とは、重度の結核で国立岡山療養所に長期入院中であった朝日茂さんが、当時の生活保護法による保護基準はあまりにも低劣であって、健康で文化的な生活を営む権利=生存権を侵害する、として訴えた裁判です。「人間にとって生きる権利とは何か」を真正面から問いかける意味で「人間裁判」と呼ばれ、国民的な訴訟支援運動が巻き起こり、また東京地裁も当時の生活保護基準を違憲とする、裁判史上画期的な判決を下しました。
(NPO法人 朝日訴訟の会ホームページより)
                                   
朝日健二さんは朝日茂さんと養子縁組を行い、裁判を継承された方で、現在も生活保護や生存権の在り方について発信を続けておられます。

ご来場はできるだけ公共交通機関でお願いします。また、講演会終了後、国際通り周辺で18:00頃より懇親会を予定しています。(会費4000円程度)。

朝日健二さんの沖縄での講演はひじょうに貴重な機会でもありますのでひとりでも多くの方のご来場をお待ちしております。

再度の会員募集の呼びかけ

      2012年2月5日
入会をご検討くださる皆様へ
                        特定非営利活動法人いっぽいっぽの会
                               共同代表 木 博史
                               共同代表 繁澤 多美
                                            
特定非営利活動法人いっぽいっぽの会ご入会検討のお願い

拝啓 時下ますますご清祥のことと存じます。私たち、社会福祉士事務所いっぽいっぽは沖縄県で初めての独立型社会福祉士事務所として2009年8月に設立され、2年余りの間、生活困窮者支援を行ってまいりました。
 沖縄では、最後のセーフティネットと呼ばれる生活保護に関して、同分野では全国初となる仮の義務付けが確定するなど画期的な成果を上げておりますが、こうした情勢の中、私たちは、これまでの活動を礎に、昨年12月に特定非営利活動法人いっぽいっぽの会を設立いたしました。
 これまでの活動にともない、当法人に寄せられる相談事案も複雑多様化してきており、緊急時の対応等を迫られる処遇困難ケース等も生じてきております。現在までの支援態勢では、すでに限界状況に近付いてきており、人材の確保や運営基盤の強化が喫緊の課題となってきておりますが、財政的にはひじょうに厳しい状況を抱えております。そこで、活動を支えて頂ける会員の方を募集しております。
 どうぞ、当法人の活動の趣旨にご賛同いただき、ご入会をご検討くださるよう、よろしくお願い申し上げます。
 ご入会いただける方は、入会届に必要事項をご記入の上、E-mail 、 FAX などで下記連絡先までご返信ください。(会費等は通常の振込でも構いませんが、当法人振込手数料負担の用紙も準備しております。必要に応じご請求ください。)
 現在、会報誌を準備中です。会員・賛助会員の皆様には活動の様子等を年4回程度、会報誌にてご報告を予定しております。

【会員種別】

○正会員(個人)  ①入会金 5,000円  ②年会費 3,000円

 運営に関する事項について議決権がございます。運営に関し、ご意見等をお聞かせいただければと思います。

○賛助会員(個人) ①入会金 なし  ②年会費 3,000円

 運営に関する事項に対しての議決権はございませんが、活動を資金面等で支えて頂ける方です。

○賛助団体会員(団体・個人事業者)①入会金 5,000円 ②年会費 10,000円

 運営に関する事項に対しての議決権はございませんが、団体(個人事業者含みます。)として当法人の活動を支えて頂ける団体です。

※ 運営に関する議決権は正会員にしかありませんのでご注意ください。また、ご不明な点はお問い合わせくだ
さい。その他、諸事情で入会はできないが、資金カンパはできるという方も大歓迎です。

【郵便振替口座】 ゆうちょ銀行 01750-4-149633  特定非営利活動法人いっぽいっぽの会
 
(お問い合わせ・連絡先)
特定非営利活動法人いっぽいっぽの会  那覇市松川2-16-1シオンハウス2F  
TEL/FAX 098-884-2100  E-mail postmaster@ippoippo.sakura.ne.jp

朝日健二さんをお招きし、公開学習会を行います!

特定非営利活動法人いっぽいっぽの会 スタッフ研修を公開学習会といたします。

戦後の混乱期である1950年代後半、日本国憲法第25条が規定する「生存権」をテーマに争われた「人間裁判」と呼ばれる朝日訴訟の承継人・朝日健二さんが特定非営利活動法人いっぽいっぽの会設立記念講演会のため沖縄にいらっしゃいます。

これを機会に講演会に先駆けて特定非営利活動法人いっぽいっぽの会スタッフ研修を兼ねた公開学習会を開催いたします。

講演会当日の参加が困難な方やご関心のある方はぜひご参加ください。

日  時 : 2012年2月17日(金) 18:00~20:30

場  所 : 社会福祉士事務所いっぽいっぽ (キャリアサポートいっぽいっぽ)
       那覇市松川2-16-1 シオンハウス2F
       (場所の詳細が分からない方はお問い合わせください)

内  容 : 「人間裁判」DVD鑑賞、朝日健二さんへの質疑応答等

参加費 : 300円 ※軽食準備します。

できるだけ、事前申し込みをお願いいたします。

(お問い合わせ)

那覇市松川2-16-1 シオンハウス2F TEL 098-884-2100

E-mail postmaster@ippoippo.sakura.ne.jp(@は半角に直してください。)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。