いっぽいっぽの挑戦2016

2011年10月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2011年12月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2011年11月
ARCHIVE ≫ 2011年11月
      

≪ 前月 |  2011年11月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

コピー機を導入しました!

copy.jpg

保育士養成講座も開講から2カ月が経ち、いろいろと必要なものが出てきました。

とくに、教材のプリントは、朝からコンビニにコピーに行ったりしてバタバタしている時もあり、「コピー機がほしい!」と思っておりました。

残り期間の4カ月と講座が終わっても引き続き使用できることを考えればここで思いきって購入した方がいいのではないのかということになり、本日、遂に設置に至りました。

これで、必要な時にコンビニに走らなくてもよくなり、利便性も向上します。

このコピー機、コンビニにあるような大きく高速なものではありませんが、A3用紙、拡大コピーに対応しており、数枚のものであれば十分なものです。

備品類も少しずつ充実してきました。後はさらに講座の内容を充実させていきたいと思っています
スポンサーサイト

NPO法人設立記念講演会を企画中!

NPO法人申請書類の市民縦覧期間が終了し、余程のことがない限り、近く認証される見通しができたことから、法人設立記念講演会の企画を準備中です。

詳細はまだ公表できませんが、これまでのいっぽいっぽの活動を踏まえて、設立記念にふさわしい方をお招きし、来年2月中旬頃の開催を予定してます。

詳細が確定した時点で、またお知らせさせていただきたいと思います。

ひとりでも多くの方に、私たちの新たなスタートを見届けていただければと思っております。

どうぞお楽しみに!

保育士養成講座2か月&NPO法人申請書類市民縦覧期間終了

いっぽいっぽにとって一つの節目の日となります。

ひとつは、9月に開始した保育士養成講座ですが本日で2カ月を迎えました。慣れない対応で受講生の皆さんにご迷惑をおかけしたこともありましたが、受講生の皆さんの温かいご理解もあり、おかげさまで大事にはいたらず、本日まで何とかやってこれました。

あと4カ月の訓練期間も着実な運営を心掛けていきたいと思います。

また、本日をもってNPO法人申請書類の市民縦覧期間が終了いたします。NPO法人の申請手続きの中でこの申請書類の市民縦覧期間が無事に終了することは、いよいよ法人認証が目前になっていることを意味します。

要件を満たしていればほぼ認証され、県の担当者に事前相談も行ってますのでいよいよ法人となることに緊張感が高まります。認証手続きにも若干の時間がかかるようですので実質的には12月か1月ごろには法人設立の流れになるかと思います。

社会的責任を果たしていけるNPO法人をめざしていきたいと思いますので今後もどうぞよろしくお願いいたします。

第17回全国生活保護裁判連絡会総会・交流会が開催!

saibanrenokinawa.jpg
記念講演を行う井上英夫氏(金沢大学)

本日、沖縄大学にて第17回全国生活保護裁判連絡会総会・交流会が開催されました。明日も分科会が開催されます。

社会福祉士事務所いっぽいっぽも現地実行委員として大会事務局と何度か打ち合わせを行ってきました。

沖縄大学学長の加藤彰彦先生より沖縄での大会開催に際しあいさつが行われました。加藤彰彦先生は「野本三吉」というペンネームでの著作も多く、子どもや生活者の視点から貧困問題を問い続けてこられた方で、いっぽいっぽの活動にも賛同していただいており、私たちが設立予定のNPO法人の理事に就任予定です。

大会では金沢大学教授の井上英夫氏の記念講演の後、いっぽいっぽからも所長の繁澤が沖縄の生活保護をめぐる現状について報告をさせていただきました。捕捉率の低さや役所で自分の状況をうまく伝えられない方の支援などについてお話をさせていただきました。

社会福祉士として全国生活保護裁判連絡会総会・交流会で発言させていただくことはそれほど多いことではないかも知れませんが社会福祉士の活動を少しでも伝えていければと思っています。

face bookページのご紹介

少し前のことになりますが、この度、普及が著しいSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)のfacebook上に「社会福祉士事務所いっぽいっぽ」のページを開設いたしました。

地域における社会福祉士の活動は始まったばかりです。まだまだ社会的認知度もそれほど高くはありません。「私たちの活動をどのような形で発信していくか」いう問いのひとつに答える形での開設です。

facebookページは登録をしていなくても一部を見ることができます。また、登録していただければそれなりに交流も深めることも可能になるかと思います。

最近、沖縄をはじめ、宮崎や新宿で地裁レベルではありますが生活保護に関する画期的な判決が相次いでいます。社会保障裁判の流れが確実に変わってきているように思えます。

当事者や支援者が手を携えることで希望ある将来を見通すより強力な流れを作ることができるのではないかと思います。

facebookは実名登録が基本ですので、比較的にいわれなき誹謗・中傷などのいわゆる「荒らし」行為は少ないといわれています。(完全に排除することは難しいかもしれませんが・・・)そうしたこともあり、開設に踏み切りました。

もし、よろしければご覧ください。

facebookページURL
http://www.facebook.com/oki.cswippoippo

社会福祉士実習指導者講習会を修了いたしました!

kousyukai.jpg

本日、いっぽいっぽ所長の繁澤が「相談援助実習 実習指導者講習会」を修了いたしました。

2012年度より実習指導者は社会福祉士有資格者であり、3年以上の実務経験、そして講習会の受講が修了していなければ実習指導ができなくなるというようにカリキュラムの改正が行われています。

また、独立型社会福祉士事務所での実習受け入れも日本社会福祉士会に登録している社会福祉士で開業して3年以上の実績があることが求められています。

いっぽいっぽは現時点ではまだ要件を満たしておりませんが来年の7月31日をもって丸3年を迎え要件を満たす予定であり、8月1日より実習の受け入れが可能となる予定です。

現在は、独立型社会福祉士事務所での実習受け入れの前例は少ないのですが、地域福祉の新しい担い手として期待は大きいと思われます。

私たちも、ささやかですが次代を担う人材の育成に力を注ぎたいと考えています。

生活困窮者支援に関心があり、やる気のある学生さんの実習を歓迎いたします。ご相談ください。

『立正社会福祉研究』に実践報告が掲載!

rissho13_convert.jpg

事務局長の高木が以前、勤務していた立正大学の学内学会である立正大学社会福祉学会の研究誌『立正社会福祉研究 第13巻1号』にいっぽいっぽの実践報告が掲載されました。

沖縄県で初めての独立型社会福祉士事務所であるいっぽいっぽの実践から、地域福祉における独立型社会福祉士事務所の意義と課題について書かせていただきました。

とくに生活困窮者支援を主な事業としているいっぽいっぽにとって「貧困ビジネス」論との関係を考えていくことは避けて通れない課題だと考えております。

内容(全文)についてはPDFファイルで公開しています。
http://ippoippo.sakura.ne.jp/rissho13.pdf

ご意見、ご批判お待ちしております。

また、こうして実践を発信する機会を与えていただいた立正大学社会福祉学会の皆様には深く感謝いたします。今後もどうぞよろしくお願いいたします。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。