いっぽいっぽの挑戦2016

2011年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2011年11月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2011年10月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

支援ホームに「いっぽいっぽ文庫」とポスト設置

本日、支援ホームに「いっぽいっぽ文庫」と「ポスト」を設置いたしました。

ippoippobunko.jpg

「いっぽいっぽ文庫」はまだ数冊ですが、支援ホームの入居者さんが自由に閲覧していただけるように設置いたしました。種類は少ないですが貧困問題を扱った硬派な本から散歩に役立ちそうなガイドブック、漫画などを取り揃えました。

ayumisoupost.jpg

また、今日は郵便ポストも設置いたしました。これで様々なところからの郵便物が届くようになります。これからも生活の拠点としての機能をいっぽいっぽ整えていきます。
スポンサーサイト

「支援ホームのご案内」完成のお知らせと生活用品の募集について

infohome.jpg
社会福祉士事務所いっぽいっぽが運営する「支援ホームのご案内」が完成いたしました。

ご利用ができる方の具体的な状況や費用、場所、支援計画書等について簡単なご説明をさせていただいています。また、この「ご案内」には、一部ですが支援ホーム内部の写真も掲載しております。

なお、入居に関しては、面談後、双方の合意に基づき契約を行ったうえで行われますのでご安心ください。

空室情報、見学(入居相談)等については事前にお問い合わせいただければと思います。

また、「支援ホーム」では、生活用品が不足しております。もし、ご不要のお布団や家電製品等がございましたらご寄付いただければ幸いです。

保育士養成講座の開始から1ヶ月が経ちました!

厚生労働省の委託事業である保育士養成講座の開始から1ヶ月が経ちました。

相変わらずの厳しい財政事情ですが、大きなトラブルもなくここまで来ることができました。といっても、あと残り5ヵ月で何が起こるか分かりませんが「いっぽいっぽ」進んでいくしかありません。

幸いやる気の高い方が多く、1日5時間という長丁場の授業にも熱心に取り組んでおられ、予想以上にスムーズな運営ができているのではないかと思います。

もちろん、「保育士国家試験合格」に向けてという大きな目標はありますが、受講生の資格取得を応援していくことで少しでも子育て問題や貧困問題の改善につながればと思います。

また、幅広い視点を持ち、自ら考えることのできる福祉人材の養成に力を注いで行きたいと思います。

「超地域密着型フリーペーパーJimoty 2011 秋号」に掲載されました!

jimoty3.jpg
毎度ですが、季刊で発行されている「超地域密着型フリーペーパーJimoty」の「2011 秋号」に掲載されました。

業者さんのご厚意で格安で提供していただけたため、財政事情の厳しい「いっぽいっぽ」にとって、数少ない「広告」のようなものでもあります。

今回、掲載を依頼した時には既にNPO法人の設立申請中だったためその旨を記載させていただきました。

写真は、運用を開始した支援ホームの「ロビー?」を撮影したものです。

また、保育士養成講座のことも紹介させていただいています。

まだまだ社会的認知度が低い私たち社会福祉士の活動を少しでも広報できればと思っております。

「寺子屋」プロジェクト「おきなわ『高校へ行こう!』塾」開催!

所長の繁澤がプロジェクトリーダーでいっぽいっぽも応援しているトヨタ財団の助成事業「貧困の連鎖を解消する『現代の寺子屋』プロジェクト」からのお知らせです。

昨日より、「おきなわ『高校へ行こう!』塾」を開催しております。

毎週日曜日の13:00~15:00に地域の高校の先生のご協力を得ることができ、勉強が遅れがちで高校受験に不安ある中学生の方などを対象に行っています。

学歴社会は崩壊しつつあるといわれていても「高校」までは出ておかないと不都合なことも多い世の中であることは間違いありません。

沖縄では、日々の生活が苦しく生活環境により高校を受験できるような環境でない場合も少なくありません。その結果、勉強が遅れてしまい高校に行くことができず「貧困の連鎖」が繰り返されているという状況も生じています。

こうした、「貧困の連鎖」を少しでも食い止めるべくささやかな取り組みではありますが応援していきたいと思います。

ボランティア等も募集しております。

「塾」の様子やお問い合わせについては、詳しくは「貧困の連鎖を解消する『現代の寺子屋』プロジェクト」のブログをご覧ください。
http://gendainoterakoya.blog.fc2.com/

「事務所」復活!

ippoipponobori.jpg
財政事情でしばらく閉鎖していた事務所ですが、当面、現在、保育士講座をやっているビルの一角に事務局を置かせていただいております。

夜の撮影で見にくい部分もありますが、久しぶりに「のぼり」も復活いたしました!

看板と比較し、「のぼり」は比較的安価での製作が可能でアピール力も「看板」にひけを取りません。

のぼりには「福祉・人権・平和が守られる社会を!」というメッセージを添えています。

社会福祉士事務所いっぽいっぽの理念を端的に表しています。

支援ホーム用物件大募集!

社会福祉士の支援付き住宅(支援ホーム)の運用を本格開始して1か月ほどになりましたが、生活保護や就職が決まるまでの期間や生活再建を軌道に載せていくための準備期間として諸機関や個人の方からの問い合わせが徐々に増えてきております。

従来の制度のはざまに置かれ支援が受けられなかった方たちの自立へ向けたとりくみを応援するという意味で、その存在意義が確認されてきたように感じます。

しかし、ニーズは高いと考えられる一方で明らかに物件が不足しています。

そこで、内閣府の地域社会雇用創造事業の一環として追加支援が決定した助成金を活用し、物件の改修費用をお立て替えいたします。

「誰かに貸したいけれど今の状態ではちょっと住めないかも」と思っていらっしゃる方、社会貢献のために物件をご提供いただければと思います。契約条件の詳細についてはお問い合わせください。

問い合わせ先)
社会福祉士事務所いっぽいっぽ
080-6490-2179 担当:繁澤


ちなみに若干アングルが違いますが同じ部屋の改修例です。ちょっとした改修でもずいぶんきれいになりました。

【改修前】before1.jpg 【改修後】after1.jpg

全国生活保護裁判連絡会第17回総会・交流会開催のご案内

少し先の話になりますが沖縄で全国生活保護裁判連絡会第17回総会・交流会が開催されます。

最近の生活保護訴訟の成果も踏まえ、社会福祉士事務所いっぽいっぽからも報告を行います。

全国生活保護裁判連絡会第17回総会・交流会開催要領

1 スローガン

平和と反貧困のうねりを沖縄から!

2 日時

【第1日】2011年11月12日(土)開場:午後1時 開会:午後1時30分~閉会午後5時
【第2日】2011年11月13日(日)開場:午前9時 開会:午前9時30分~閉会午後1時

3 会場 沖縄大学 ※会場地図は3面参照
〒902-8521 沖縄県那覇市字国場555番地 電話 098-832-3216

【交通アクセス】
◆バス路線
※那覇市市内線
・真和志小学校前(那覇市寄宮)下車、南へ徒歩約7分
那覇バス・・・2番、3番
・沖縄大学前下車
那覇バス・・・6番
※市外線 那覇バスターミナルより沖縄大学前下車
沖縄バス35番(志多伯線)、100番(白川線)、40番・109番(大里線)
◆タクシー
那覇空港より20~30分

4 参加費・資料代(当日払い) ○参加費 500円 ○資料代 1,000円

5 プログラム

【第1日】13:00 受 付
13:30 開会宣言
13:35 歓迎の挨拶 加藤彰彦 さん(沖縄大学学長)
「沖縄の貧困と平和への願い」
14:00 記念講演 井上英夫 さん(生保裁判連代表委員、金沢大学)
「今あらためて、社会保障のあり方を考える」
~福祉国家と人権としての社会保障~
15:30 特別報告(①北九州市自殺国家賠償事件、②和歌山の取り組み、
③秋田国保勝訴事件、④沖縄の現状)
16:20 基調報告 竹下義樹さん (生保裁判連事務局長、弁護士)
17:00 終了

【第2日】9:00 受付
9:30 分科会
(1)生活保護基準・制度改革(①保護基準見直し、②ドイツにおける近年の動き、
③国と地方の協議)
(2)運用・利用支援(①沖縄での生活保護利用支援、②稼働能力、③就労指導、
④自動車保有)
(3)社会保障のあり方(①日弁連の社会保障グランドデザイン、
②沖縄のパーソナルサポートの取り組み、
③秋田における国保料減免等のたたかい、④震災後の生活保護運用)
12:30 分科会終了・まとめ
12:55 閉会あいさつ、終了

6 申込・問い合わせ先

○ 全国生活保護裁判連絡会事務局 つくし法律事務所
〒604-0982 京都市中京区御幸町通り夷川上る松本町568 京歯協ビル3階
TEL 075-241-2244 Fax 075-241-1661 E-mail jinken@eagle.ocn.ne.jp
● 現地事務局 そよかぜ法律事務所 〒904-2143 沖縄県沖縄市知花6-11-39
電話 098-938-3939 FAX 098-938-5656
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。