いっぽいっぽの挑戦2016

2010年12月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2011年02月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2011年01月
ARCHIVE ≫ 2011年01月
      

≪ 前月 |  2011年01月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

社会福祉士アルバイトさん募集!

NPOいっぽいっぽの会 社会福祉士事務所いっぽいっぽでは
アルバイトさんを募集します!


沖縄県社会福祉士会の通信にも情報を掲載させていただきました。私たちと共に新しい事業に
挑戦してくれる方を募集しています。

勤務内容:ケース個別支援、コミュニティソーシャルワーク等

給  与: 時給1,000円 

雇用形態:アルバイト(2011年1月?3月)1日3?4時間 週3?4日程度

     4月以降、事業実績に応じて正職員としての雇用を検討中
     (月給18万円程度、各種保険有り)

資格要件:社会福祉士(資格取得見込み者の応募可)

活動地域:那覇市及び近郊地域

反貧困運動、人権問題等に関心のある方が望ましい


面接によって選考いたします。まずはお問い合わせください。

連絡先

NPOいっぽいっぽの会 社会福祉士事務所いっぽいっぽ (担当)所長 繁澤 
いっぽいっぽ専用携帯 080-6490-2179
スポンサーサイト

生活サポート事業に向けて物件募集!

以前にも何度かブログにも書かせていただきましたが、起業支援助成が決定したところで再度、いっぽいっぽの新事業に向けて物件を募集しております。

当事務所は、貧困やその連鎖を断ち切る取り組みを行っておりますが、低所得の場合、居住スペースの確保さえ難しいケースが多くあります。こうした問題を含めた、様々な生活問題に専門的に社会福祉士が対応する生活サポート事業にご協力いただける物件を募集しております。

・借り手がつかなくて困っている・・・

・修理ができないけど貸したい・・・

・空き空間を利用して収入にしたい・・

・買い手が決まるまで貸したいのだけど・・・

・物件で社会貢献がしてみたいけど・・・

こうしたお悩みをお抱えの方はぜひご相談ください。私たちの事業の内容をご説明させていただきます。


  [お問い合わせ先]

 080-6490-2179(いっぽいっぽ専用携帯)

iSB公共未来塾起業支援助成の本契約

所長の繁澤が、本日、内閣府の地域社会雇用創造事業の一環で委託を受けたiSB公共未来塾起業支援助成の本契約のため上京いたしました。

いよいよ、本格的に助成を受けて事業を開始する時がやってきたなあと感じがしています。この助成は、助成金だけではなく様々な有識者のアドヴァイスも受けられるということで、試行錯誤で右も左も分からず手探りでやってきた私たちにとってはたいへん心強く感じています。

詳細については随時ご報告していきたいと思いますので今後もどうぞよろしくお願いいたします。

寒中お見舞い

いっぽいっぽが昨年、お世話になった司法書士さんの事務所や新聞記者さんたちから年賀状をいただきました。

メールや携帯電話の時代になっても、様々な個性あふれる年賀状は、やはり嬉しく拝見できるものですね。

小さな小さな組織で年賀状のことはあまり考えていなかったので返信が遅れてしまったこともあり、本日、「寒中お見舞い」を書かせていただきました。

来年は、どのくらい年賀状を書くことになるのかななどと考えながら、今年の歩みをいっぽいっぽ進めていきたいと改めて感じた日となりました。

年末年始にかけて

年末年始にかけてこれまで支援させて頂いた何人かの方々からお電話やご挨拶を頂きました。

事務所を撤退したことで心配してお電話をかけてくれた方など地域に社会福祉士事務所が存在したことの意義について再確認することができました。

また、こうした「つながり」が広がる嬉しさと大切さを感じることができました。

財政的な事情で現時点で事務所を構えるのは厳しい状況にありますが、いっぽいっぽの活動は継続していきます。

また、地域に事務所を持てるように努力していきたいと思っています。

今年もよろしくお願いいたします!

2011年の幕開けとなりました。皆様、明けましておめでとうございます。

格差と貧困が拡大する今日において、社会福祉士事務所いっぽいっぽの役割も大きくなってきていると思います。

今年は、すでにお知らせさせていただいていますように内閣府の委託を受けたiSB公共未来塾の地域社会雇用創造事業社会的起業支援基金の助成が決定しております。

こうした助成の期待に応えられるような事業展開が望まれており、責任も大きくなってきていると感じております。

関係者の皆様、そして、地域住民の皆様のご協力・ご理解があったからこそ、ここまで来ることができました。

まだまだ未成熟な団体ではありますが、本年もどうぞよろしくお願いいたします。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。