いっぽいっぽの挑戦2016

2017年03月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年05月
TOP ≫ CATEGORY ≫ グループホーム
CATEGORY ≫ グループホーム
       次ページ ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

あゆみ荘の改修進む!

ayumibefore.jpg ayumi_20150502130923f8f.jpg

先日、「ふくぎ荘」に続く2棟目の障害者グループホームとして運用を開始した「あゆみ荘」ですが、定員3名(3部屋)を予定していたのですが、そのうちの1部屋の居室面積が間取り図上は問題なかったのですが役所の実地調査でわずかに足りないことが判明し、3部屋での運用をする場合は改修をしなければならないことになりました。

しかし、当法人も財政的には非常に厳しい状況であり改修費用をどのように捻出するか困っていたのですが、知人のAさんが、ほぼボランティアで行ってくれることになりました。

Aさんは建設業に携わっていた経験があり、ちょっとした改修ならお手のものです。足りない面積は本当にわずかな部分なので押入れの部分の若干の改修で行けるのではないかということになりました。しかし、押入れを全部撤去すると収納場所がなくなってしまうので一部を棚として利用できるように改修をお願いしました。

予想以上に手のかかる作業だったようですが、きれいに出来上がりました。

今後、再び実地調査があるかと思いますが、クリアできるのではないかと考えています。Aさん本当にありがとうございました!
スポンサーサイト

障害者グループホーム「あゆみ荘」開設!

home41.jpg

この度、いっぽいっぽの会は、2014年11月に開設した障害者グループホーム「ふくぎ荘」に引き続き、「あゆみ荘」の運用を開始いたします。

入居者の方はまだいらっしゃいませんが、当面、2棟体制で事業に取り組んでいくことになります。定員は、現在のところ、2名を想定していますが、若干、改修等が必要なため準備が整い次第、3名まで増員を検討しています。

「あゆみ荘」は、元々、いっぽいっぽの会の支援ホームとして無料低額宿泊所の届出を那覇市に行っていた施設ですが、補助金なども何もない中で運営の継続が難しい状況になっていたものを、ニーズの高い障害者グループホームに転用したものです。

新年度で、事業内容も職員体制も若干の変化はしましたが、生活困窮者支援に取り組んできた経験と実績を活かし、今後も日本国憲法が規定する生存権の実現をめざす実践を続けていきたいと考えていますのでどうぞよろしくお願いいたします。

グループホーム外装リニューアル中!

tosou.jpg

12月もなかばにさしかかってきましたが、グループホームではただいま外装の塗装と防水工事を行っています。

沖縄は、台風や海風によって風雨も強く、コンクリートの劣化も進みやすいので定期的なメンテナンスは欠かせません。このあたりで一度メンテナンスを行っておいたほうが、今後長く使えるだろうということでリニューアル工事中です。

このところ雨天が続いていたので久しぶりの本格的な工事再開となります。

新年には、気持ちも新たにリニューアルした姿を見ることができるのをスタッフ、利用者一同楽しみにしております。

那覇市より障害者グループホームの指定が決定しました!

ここ何度かこのブログでもご報告させていただいていましたが、ついに那覇市より2014年11月1日より障害者総合支援法に基づく障害福祉サービス事業(共同生活援助、通称グループホーム)の事業者として指定されることが決定いたしました。

思えば、構想から約1年、申請にかかる実務を担う職員も確保できず、延び延びになっていた新規事業でしたが、やっとここまでたどり着くことができました。

これまで、いっぽいっぽの会の原点ともいえる埼玉県のNPO法人ほっとポットの皆様をはじめ、関係者の皆様にご協力・ご支援いただいたことに深く感謝申し上げます。

事業所の概要は下記の通りです。

IMG_0168 (640x480)
【ふくぎ荘外観】 

IMG_0262 (800x600)
【リビング】

名 称 : 指定共同生活援助事業所いっぽいっぽ ふくぎ荘
定 員 : 4名
対 象 : 知的障害・精神障害・身体障害の3障害、かつ、生活困窮を抱えていらっしゃる方を優先いたします。

(ただし、著しく集団生活に適応できないと判断した場合は入居をお断りすることもございます。)

詳細は、指定共同生活援助事業所いっぽいっぽ運営規程をご覧ください。

お問い合わせは
法人事務局(担当:繁澤)
TEL/FAX 098-884-2100
まで、お願いいたします。

障害者グループホームの消防法令適合通知書について

shoubou.jpg

ご報告が遅くなりましたが、先月末に那覇市に指定申請を行った開設準備中の障害者グループホーム「ふくぎ荘」ですが、那覇市消防局長より平成26年9月25日付で「消防法令適合通知書」が発行されました。

避難訓練の様子については、すでにお伝えさせていただきましたが、その後の立ち入り検査を経て発行されたものです。

誘導灯や防炎カーテン、消火器の設置などが検査の対象となりました。

「貧困ビジネス」ということばが話題になり、劣悪な居住環境や防災体制が問題となる中で、いかに安心・安全な居住空間を提供できるかということは私たちにとっても大きな課題でもあります。

そうした意味では、障害者総合支援法における指定要件の最低限の基準ではありますが、それをクリアしたことは着実に一歩進んだのではないかと思っております。

今後は万が一の事態に備え、さらに体制の強化に向けて努力していきたいと思っております。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。