いっぽいっぽの挑戦2016

2017年03月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年05月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

7年間、本当にありがとうございました!

2009年8月1日に沖縄の貧困を目の当たりにした私たちは、那覇市寄宮の小さな事務所を借り、沖縄県で初めて地域に事務所を構えた独立型社会福祉士事務所いっぽいっぽを立ち上げました。

事務所の前に、生活相談をやっている旨を書いたチラシなどを貼ってましたが、財政上の問題で兼業をしながらのスタートで、いつ事務所の前を通っても人がいないというような状態が続きました。そのような状態なので、電話は転送設定にしてました。

無名どころか怪しささえも漂う私たちでしたが、それでも年間40件ほどの生活相談が寄せられ、そのほとんどが生活困窮に関する相談でした。

また、生活保護裁判を支援し、福祉と司法の連携によって全国で初めての「生活保護開始仮の義務付け決定」を勝ち取ることができました。その後の生活保護裁判の流れを変える一つのきっかけになったと自負しています。

ビジネスとして成り立つのは厳しそうだけど生活困窮相談のニーズは少なくないことが見えてきました。そして、とくに、住居の問題は大きく、ちょうど、そのころ誕生した民主党(現・民進党)政権が推し進める「新しい公共」政策の一環として行われていた時宜を得た助成金を頂き、住居確保を目的とした新しいソーシャルビジネスの形に挑戦することにしました。

結局、描いた事業モデルにはたどり着きませんでしたが、一定の住居確保、生活支援に貢献してきたと思っています。2012年度からは、「ホームレス等貧困・困窮者の『絆』再生事業」を受託し、3年間の総合実績(2012年度~2014年度)は、

総合相談 415件
食糧提供 4598食
緊急一時宿泊 34ケース
訪問・電話調整・面談等 延7823回
就労支援 63ケース
サロン参加 60ケース

でした。生活困窮者自立支援法の施行にともない、事業統合・廃止が行われ胼胝とにより私たちも事業形態を変えざるを得なくなり、生活困窮相談の中から見えてきた「障害」との関係性に注目し、障害者総合支援法に基づくグループホームを開設しました。

しかし、約2年の実践の中で見えてきたのは、障害者福祉分野での事業の難しさ、特に「就労支援」よりも「生活支援」に対する評価の低さでした。財政の厳しさはそのまま人手不足に直結し、このままでは事業拡大はおろか事業の継続さえも厳しい状況となり、苦渋の決断ではありますが、本日をもって事業所の閉鎖を行うこととなりました。

この7年間において、社会福祉制度、政策をめぐる様々な矛盾を感じてきました。これらの問題は、実践とは別の形で、できる限り今後の問題提起をしていきたいと考えております。

また、これまで多くの関係者の皆様に、当法人の実践を記事として取り上げてくださったり、視察に来てくださるなど一定の評価を頂けていたことを嬉しく思います。そして、すべての関係者の皆様のご支援・ご協力に感謝申し上げます。

7年間、本当にありがとうございました。

一般社団法人自立生活サポートセンターいっぽいっぽ
代表理事 高木 博史
スポンサーサイト
あいさつ | Comments(0) | Trackbacks(-)

今月末の閉鎖に向けて

今月末の事業所の閉鎖に向けて、いよいよ最終段階の調整に入ってきました。

これまでの7年間、いろいろなことがありました。悔いがないといえば嘘になりますが、今日におけるソーシャルワークや生活困窮者支援のあり方に一つの問題提起はできたような気がします。

残りあとわずかですが、最後までご支援・ご協力いただければ幸いです。

一般社団法人自立生活サポートセンタ―いっぽいっぽ
代表理事 高木博史

あいさつ | Comments(0) | Trackbacks(-)

事業所閉鎖へ向けて調整中

7月末の事業所閉鎖に向けて現在の入居者の方の行く先や今後の法人の方向性について調整を進めています。

社会福祉事業は、最も継続性が問われる事業の一つであるにもかかわらず、人材不足という状況にはどうしても対応できず、様々な関係者の皆様にご迷惑をかけてしまう形になりましたが、この経験を必ず活かしたいと考えています。

今しばらく、ご協力・ご支援をお願いいたします。
その他 | Comments(0) | Trackbacks(-)

事業所閉鎖のご挨拶

当法人では、人材募集を続けておりましたが、応募者もおらず事業の継続が難しい状況になりました。

残念ながら、本年7月末をもって事業所の閉鎖という判断に至り、これまでご支援・ご協力いただいた皆様には不本意な結果となってしまったことをお詫び申し上げます。

事業所閉鎖にあたりご挨拶を掲載いたしました。

2016年5月7日

関係各位

一般社団法人自立生活サポートセンターいっぽいっぽ
代表理事 髙木 博史

共同生活援助事業所いっぽいっぽの閉鎖について

拝啓 時下ますますご清栄のことと存じます。平素は、格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。

さて、このたび当法人におきましては、諸般の事情から2016年7月31日をもちまして、共同生活援助事業所いっぽいっぽを閉鎖することと相成りました。

ただいま、閉鎖に向けて入居されている利用者の方の今後について調整を行っております。

当法人は、2009年8月1日に沖縄県で初めて地域に事務所を構えた独立型社会福祉士事務所として主に生活困窮相談・支援を行って参りました。その後、NPO法人を経て現在の一般社団法人自立生活サポートセンタ―いっぽいっぽに至っております。

実践のなかで、居住確保の必要性や生活困窮と生活課題の関係から見える支援の必要性などから2014年11月に障害者グループホームを立ち上げましたが、障害者福祉、ひいては社会福祉業界全体をとりまく厳しい財政事情や人材確保が困難な情勢の下、閉鎖も含めた検討を行ってまいりました。

志なかばの部分もありますが、本年の7月末をもって活動開始から丸7年となることから、この日に事業所の閉鎖を決定させていただきました。

今後は、これまでの実践経験をもとに、制度上、運営上の課題を明らかにし、社会的に問題提起を行っていきたいと考えております。

この7年間の間には、多くの方のご協力・ご支援があったことに感謝申し上げます。事業所閉鎖まで、今しばらくのお見守りをいただければ幸いです。

敬具
 
あいさつ | Comments(0) | Trackbacks(-)

サテライト居室の開設準備を開始!

まだ、確定ではないのですが、先日、声をかけさせていただいていた不動産屋さんから連絡があり、グループホームにサテライト方式(シェアハウス型ではなく完全個室で、事業所の本拠からスタッフが巡回する方式)の居室が確保できそうな見通しとなりました。

しかも、現在の事業所からすぐ近くのところということもあり、スタッフが徒歩で巡回できる距離にあります。

生活保護利用者の方や(とくに精神疾患を持つ)障害者の方は、入居に保証人が立てられず苦労するばかりか、大家さんの理解が得られず入居そのものを拒否されることも少なくありません。

そうした意味では、まだまだ差別が根強く残っていることを感じます。

現在、私たちのグループホームに入居されている方の中にも、地域で自立して一人暮らしをしていきたいと考えている人もあり、アパートの一室をサテライト方式として確保することで、そうした希望の実現に向けて大きく前進できるものと思います。

開設時期は早くて5月以降となる予定ですが、できれば確実に開設に結び付けたいところです。

職員も募集中ですのでぜひご応募ください。下記URLにて募集要項公開しています。
http://ippoippo.sakura.ne.jp/2016bosyu.pdf
とりくみ | Comments(0) | Trackbacks(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。